私の父の危篤とともに、クリスマスコンサートの準備が始まった、
  忘れられないコンサートとなりました!




  オープニングは、私たち親子による6手連弾♪
  病院通い、コンサート準備、長女の大学院試験、あまりにもいろんな事が
  重なり直前まで合わせる時間がなかったので、ステージでの音楽への
  強い集中力に懸けての演奏です!
             

  そして、ソロ演奏のトップバッターは、年中さん。ステージデビューです。
  4歳から20歳までの出演者全員、ステージ袖から送り出し緊張しながら、共に歌い、共にブレスをしながらみんなの演奏を見守ります!
 
    連弾メドレーのスタートは、クラシック名曲集
  そして中学生以上のお姉さんたちで構成する「のだめカンタービレ☆メドレー」は合わせる回数も少なかったのですが…さすがです!
  親子連弾では「グリーグの世界」見事に表現し、おなじみ「クリスマスメドレー」は、やっぱり、この時期最高に楽しい!!


我が教室オリジナルの「小さな音楽隊」では、お母様の手作り衣装を身にまとい、可愛い可愛い合奏となりました。



今回、初のステージとなったソルフェージュ受講者によるリズム合奏!
楽器編成から楽譜作りまで矢島和音のオリジナル!
出演者も熱のこもった演奏をし、プチオーケストラのようでした・・・世界に一つしかない演奏♪



エンディングは、和音&あかねによる「ラプソディー・イン・ブルー」
                
クリックすると動画が見られます


2006年クリスマスコンサートより
何度も重篤を繰り返しながらも、このすべてのコンサートを見届けて、翌日父は旅立ちました