February.2008
     「音楽の都」として有名なウィーン(オーストリア)に家族で旅行してきました!   
    モーツァルトをはじめ、ベートーヴェンやシューベルト、ハイドン・・といったクラシック音楽における偉大な作曲家達が
    活躍した場所であるがゆえに、与えられた短い期間でウィーン市内を回るのは、かなりの強硬手段でしたが・・・
    さすが音楽の都!!どこへ行っても長い長いヨーロッパ音楽の歴史や偉大な作曲家たちの軌跡を感じることができました。
    ウィーンの象徴である国立オペラ座でのオペラ鑑賞や、世界最高峰と称されるウィーンフィルの演奏をはじめ、
    毎晩演奏会が開かれる教会やサロンといったあらゆる場所にも足を運び、本場の音楽をたっぷり満喫できたと思います!
    それはまさに 至福の一時でした(^^)
     多くの作曲家たちが眠っている中央墓地も訪れ、モーツァルトやベートーヴェン、シューベルト、ブラームスたちの
     お墓参りも してきましたが、偉大な作曲家の実際の墓石を目の前にした時は、非常に感慨深いものがありました。。
     街全体がこれまでの歴史に包まれているウィーンに行ったことで、クラシック音楽の歴史を肌で実感でき、
     そして偉大な作曲家たちの存在をより身近に感じられるようになったと思います!
     新たな音楽の素晴らしさを 沢山沢山詰込んで・・・私たちのウィーン旅行を無事終えることが出来ました♪

後  記
  何しろ、ハードスケジュールでした ♪
  飛行機やホテルの中で、行きたい所を話し合って、やや、行き当たりばったり的な
  ところがあったのですが、ガイドブック頼りに 娘たちのジェスチャー付き英会話(笑)頼りに、
  地下鉄に乗ったり、 バスに乗ったり、迷いながら歩き回ったり・・・
  それでも「要所を制覇した」という満足感でいっぱいでした☆
  ただ・・・寒すぎました^^;
  特にベートーベンハウスや中央墓地を歩くときは、激寒!!

  今度は、もっと暖かい季節に行きたいなあ~と思いました。
  写真もみな、なんとなく暗いですよね。。。